キーワード検索
ウォーターサーバーを徹底比較した総合サイト
ウォーターサーバーを徹底比較した総合サイト

水素水ウォーターサーバーを選ぶ3つのポイントとオススメ5選

抗酸化作用など健康に良いと言われる水素水ですが、水素はガラスやプラスチックを短時間で通過してしまう為、作り立てでないと意味がないとも言われています。

そこで、最近では自宅で水素水を作れるウォーターサーバーが注目を集めています。

普通のウォーターサーバーよりは割高になりますが、水素水を買って飲んでいる人なら同じくらいの金額で出来立ての水素水を飲めます。

ここでは水素水を作れるウォーターサーバーの選び方と、オススメサーバーをランキングでまとめました。

AYA
今までスーパーで飲料用のお水を買っていたんですが、子供二人を連れてペットボトルのお水を買いにいくのが大変すぎて…。主人に猛抗議してついにウォーターサーバーを入れることになりました!

我が家では金額的に水素水サーバーを入れる予定はありませんが、ウォーターサーバーについて調べていく中で水素水サーバーについての情報もまとめました。

このページが水素水に興味がある方、水素水を飲んでいる方の参考になれば幸いです。

水素水を飲めるウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント

水素濃度は1.0ppmが目安


水素は室温だと水中に最大で1.6ppm溶存します。水中に水素を溶かす方法によってさらに水素濃度を高めることも可能ですが、濃度の上昇によって効果が上がる訳ではないようです。

水素の効果的な濃度については諸説あり、0.2ppmでも効果を感じる人はいるという説もれば、人によって変わるといった説もあり、未だに分かっていません。

その為、高濃度にに越したことはありませんが、1.0~1.6ppmを目安に選び「生成方法」や「月額料金」などと総合的に判断すると良いでしょう。

水素水には、公的な定義や溶存水素濃度の基準はありませんが、一般的に、水素分子(水素ガス)の濃度を高めた水と言われています。水素分子は1気圧、室温の条件下で水中に最大0.8mmol/L (1.6 mg/L (≒ppm)) 溶存します。

水素の生成方法3つとそれぞれの特徴から選ぶ

メリット デメリット
電気分解
  • 短時間で作れる
  • 高濃度も作れるようになってきた
  • アルカリ性になる
  • 水素が抜けやすい
加圧充てん
  • すぐ作れる
  • 水質が変わらない
  • 高濃度を作れる
  • 水素が抜けやすい
マグネシウム触媒
  • コスパが良い
  • 持ち運べる
  • 初期投資がかからない
  • 味が変わる
  • 時間がかかる
  • 高濃度を作りにくい

水素水を作るには3つの方法があり、水素水サーバーでは「電気分解」か「加圧充てん」が多いですね。ここでは3つの生成方法のメリット・デメリットをご紹介します。

「電気分解」はサーバーの性能によって短時間で水素水を作れるものもあれば、1時間近くかかるものもあります。水素がどんどん抜けるので作って直ぐ飲むのに向いています。

水を電気分解するので味に大きな変化はありませんが、水質がアルカリ性となり飲み過ぎるとお腹の調子を悪くすることもあります。また、電極が汚れたり金属が溶け出したりする可能性があります。

「加圧充てん」は、炭酸水を作るようなイメージです。お水の中に水素をブクブクさせて作るので、水の中に水素の泡が見える状態で、どんどん水素が抜けるのでその場で飲むのに向いています。

「電気分解」のようなデメリットは特にありません。が、アルピナウォーターやハワイアンウォーターの「気体過飽和式」などもこのタイプです。

「マグネシウム触媒」はマグネシウム入りのスティックを水に付けておくことで水素水を作ります。スティックを入れている間は水素を発生させるのでもち運びもできます。

ただ、他の方法と比べると高濃度の水素水を作ったり、短時間では作れません。また、金属を長時間水につけるので味が金属っぽくなります。

メンテナンス料も含めた月額料金で選ぶ


健康に良いと言われても毎月かかる費用が高いと続けられません。購入できる水素水サーバーもありますが、メンテナンスの不安もあります。

その為、メンテナンス費用も含めレンタル料の安い水素水サーバーが理想と言えます。

ウォーターサーバーを使ったことがある人なら分かると思いますが、ボトルをセットする部分やお水の出口はけっこう汚れやすいです。

表面に見えない内部の汚れのことを考えると、メンテナンスは定期的に受けたいですね。

水素水を飲めるウォーターサーバーを3つのポイントで徹底比較!

メーカー名 水素濃度 生成方法 月額料金
/メンテナンス
アルピナウォーター 3.9~4.1ppm 気体過飽和式 5,824円
/2年に1回6,000円
ハワイアンウォーター 3.9~4.1ppm 気体過飽和式 7,030円
/2年に1回6,000円
アクアバンク 0.2~0.6ppm 電気分解 5,152円
/1年に1回無料
ガウラミニ 0.35~0.7ppm 電気分解 5,470円
/なし
クリクラ
マジックポット
0.35~0.7ppm 電気分解 2,925円
/なし

※月額料金は25L消費にて初期費用・おおよその電気代・レンタル料・メンテナンス料・お水代込み(初期費用や購入代金は12ヵ月で分割)
※水道水を使う場合は0.2円/Lにて計算
※金額は税別表示

水素水を飲めるウォーターサーバーを比較3つの条件で比較してみました。実際、ウォーターサーバーと呼べるのはアルピナウォーター・ハワイアンウォーター・アクアバンクの3つですね。

ガウラミニは水素水が飲めるというだけで、冷水や温水機能はありません。また、クリクラのマジックポットも同様です。

次に、水素水が飲めるウォーターサーバーをオススメ順にご紹介します。

水素水が飲めるおすすめウォーターサーバーTOP5

選び方でまとめた3つのポイントを元にランキング化しています。ランキング内の金額は全て税別表示となります。

アルピナウォーター

項目 詳細
水素濃度 3.9~4.1ppm
月額費用 5,824円
月額の詳細 レンタル料:1,572円
初期費用:833円(初回設置料10,000円を12分割)
メンテナンス料:250円(2年に1度6,000円を24分割)
電気代:約1,000円
水代:2,169円
その他かかる費用 2年に1度6,000円のメンテナンス料
1年未満の解約で10,000円
メンテナンス 2年に1度6,000円
機能 冷水に水素発生
温水
水素の生成方法 気体過飽和式

水素水を飲めるウォーターサーバーで最もオススメなのがアルピナウォーターです。リーズナブルな値段で超高濃度な水素水が飲めます。

お水はRO膜を使ってろ過した北アルプスの天然水なので、ウィルスだけでなく放射性物質なども取り除いたピュアウォーターです。

関東エリアしか対応していませんが、水道水ではなく安心なピュアウォーターを使った水素水を、低価格で楽しめます。

水素濃度だけでなく水質にこだわりたい方、高品質な水素水をお手軽価格で楽しみたい方にオススメのウォーターサーバーです。

アクアバンク

項目 詳細
水素濃度 0.2~0.6ppm
月額費用 5,152円
月額の詳細 レンタル料:3,980円
初期費用:167円
電気代:約1,000円
水代:約5円
その他かかる費用 北海道・沖縄は送料2,000円/台
1年未満の解約は15,000円/台
メンテナンス 1年に1度無料
機能 冷水に水素発生
温水
浄水
水素の生成方法 電気分解

アクアバンクの「AB-3(床置きサーバー)」・「AB-3s(卓上サーバー)」は、どちらも冷たい水素水を飲めるサーバーです。

上部のタンクに水を汲んで使う浄水タイプのサーバーで、1年に一度浄水フィルターの交換や配管の殺菌洗浄などのメンテナンスを無料で行ってくれます。

けっこうな月額料金に加えて、水素濃度があまり高くないのと、水道水を浄水して使うという点を考えるとアルピナウォーターの方が良いですね。

ただ、アルピナウォーターとハワイアンウォーターは関東エリア限定なので、関東以外の人にはアクアバンクが最もオススメになります。

ハワイアンウォーター

項目 詳細
水素濃度 3.9~4.1ppm
月額費用 7,030円
月額の詳細 レンタル料:1,000円
初期費用:833円(初回設置料10,000円を12分割)
メンテナンス料:250円(2年に1度6,000円を24分割)
電気代:約1,000円
水代:3,947円
その他かかる費用 2年に1度6,000円のメンテナンス料
1年未満の解約で10,000円
3ヵ月で2箱未満の場合800円/月
メンテナンス 2年に1度6,000円
機能 冷水に水素発生
温水
水素の生成方法 気体過飽和式

ハワイアンウォーターの水素水サーバーは、酸素濃度3.9~4.1の超高濃度の水素水を飲めるウォーターサーバーです。

お水はハワイの天然水をキレイにろ過したRO水なので、雑菌やウイルスだけでなく放射性物質の心配もない安心して飲めるお水です。

ただ、輸送コストがかかる為かお水代がかなり高額です。また、水素水サーバーは関東を中心とした一部のエリアしか対応していないという点も残念です。

せっかく水素水を飲むんだから、水道水ではなくて良質で安心なお水を飲みたいという方にオススメの水素水サーバーです。

ガウラミニ

項目 詳細
水素濃度 1ppm
月額費用 5,470円
月額の詳細 レンタル料:4,980円
初期費用:415円
電気代:約70円
水代:約5円
その他かかる費用 購入プランだと1年に一度6,000円のフィルター交換
レンタル残存期間のレンタル料の合計に対して50%の解約料
メンテナンス なし
機能 常温の水素水
浄水
水素の生成方法 電気分解

ガウラミニは冷水・温水機能がありません。500mlの水素水を作るのに約30秒なので、飲みたい時に直ぐ飲めるのは嬉しいですね。

レンタルプランの他148,000円の購入プランもあります。レンタルプランは1年に一度6,000円のフィルター交換が無料ですが、購入プランはフィルター代が発生します。

直ぐに高濃度の水素水が飲めるのは良いんですが、冷水・温水が無いことを考えると少し割高ですね。コーヒーメーカーくらいのサイズなので、毎回出し入れするのも大変そうです。

ガウラミニは水道水を足すタイプですが、水道直結で冷水・温水機能のある「HⅡガウラ」は月5,980円(3年契約)で使えるので、そちらの方が良いかもしれませんね。

クリクラ

項目 詳細
水素濃度 約0.35~0.7ppm
月額費用 2,925円
月額の詳細 購入代金:35,000円÷12=2,917円
電気代:約3円(5分を1日2回で計算)
水代:約5円
その他かかる費用 1,000回で電極交換(12,000円)
メンテナンス なし
機能 水素発生のみ
水素の生成方法 電気分解

クリクラのマジックポット2は1回で500mlのお水を電気分解し、水素水に変えてくれます。冷水・温水機能はないので、ウォーターサーバーというよりは水素水を作る機械ですね。

水素濃度は約3分で0.35ppm~5分で0.7ppmと起動時間によって差が出ます。直ぐには飲めず、カップ麺を作るくらいの時間待たなければいけませんね。

電極は1,000回で交換となるので、1日2回飲むペースで500日使えます。電極(タンクベースユニット)は12,000円なので、交換後は1回12円、1ヵ月で720円上乗せになります。

サイズもコンパクトなので、水素水を飲むタイミングで出し入れできるのが良いですね。電気代は使わない時はコンセントを抜いた状態で計算しました。

ウォーターサーバーで水素水を飲むならアルピナウォーターがオススメ!その訳とは?

  • キャンペンーン(2020年12月31日まで)でお得に始められる
  • 月額料金(ランニングコスト)も安い
  • 安心なRO水を使った水素水を飲める

アルピナウォーター」の水素水サーバーは、最大4.1ppmの超高濃度の水素水を飲めます。

キャンペーンを利用すれば初回のボトル(ボトルサイズによって22.8~56.7L)が無料+利用開始月のサーバーレンタル料(1,572円)無料+初回設置料が半額(10,000→5,000円)になります。

アルピナウォーターのお水は北アルプスの天然水を、99.9%の不純物を取り除けるRO膜を使ってろ過しています。

その為、微生物やウィルスだけでなく、お水に含まれるミネラルや放射性物質なども取り除いた安心のピュアウォーターです。

水素水が飲めるウォーターサーバーまとめ

ここでは水素水を飲めるウォーターサーバーをまとめました。水素水サーバーと言っても水道水を浄水するタイプやポットタイプなど色々な種類があります。

サーバーによって大きさや水素濃度が異なるので、使い勝手や料金など色んな要素を考慮して選ぶと良いでしょう。

この記事のURLをコピーする